我が道競馬道!!

たわごとの競馬予想!! メインレースを中心に掲載いたします☆

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2010ダービーは特異なダービーだった

イングランド戦のサッカーは前回ライブ観戦した韓国戦とは全然?違う戦いぶりでした。そんなサッカーが終わったのでこの記事にとりかかります。

今年のダービーは戦前の盛り上がりから10万人超え。しかし結果は伏兵のワンツーでした。

波乱の立役者はウィリアムズ。ダービー初騎乗の外国人が過去5年のダービーを見ても稍重の06年75.2に次いで遅い前半1200mの75.1。その06年でも13秒台のラップを刻むことはなかったものの、良馬場の今年、13秒台を2度記録。最後の2F目はなんと10.8。ディープインパクトのときの11.0を上回る、完全な上がり競馬でした。

戦犯とは言いませんがウィリアムズが作った、スローに落としては切れ負けするアリゼオのスロー。結果アリゼオは大敗したわけですが、勝ったエイシンフラッシュとローズキングダムの上がりは共に32秒台とマイル戦並みの記録。ペルーサやヒルノダムールがいくら上がり最速の記録を挙げてきたとはいっても、さすがにタイプが違う結果になってしまいました。なるほど、これなら朝日杯を完勝したローズキングダムが来ても何ら不思議ない。。

とはいえ、正直エイシンフラッシュに32秒台の脚が使えるなどと思わないところ。外回りの上がり勝負レースで切れ負けしていた馬とは思えない結果でした。それにローズキングダムも本当に直前でザ石の話や乗り替わりがあるなど、まるで運から見放されたような話が浮上。大一番でそんな不安が出てきた馬が勝ち負けできるとは思えませんでした。

しかし結果的に見れば皐月賞3着馬、2番人気4着馬、1番人気1着馬の順で万馬券決着。皐月賞組を素直に信頼した当ブログ予想陣Dr.ウマは見事3連複10、630円をゲットしました!

1,2着馬は父方にキングマンボを持つ配合、底力あふれるところを見せてくれました。

それにしても今年は特異なダービーでした。おかげさまでしばらく資金0。

夏競馬へ向けてまた充電に入りたいと思います。


スポンサーサイト

| 的中実績 | 23:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

<的中!>皐月賞

皐月賞を馬連で的中させることができました。

とはいえ、1,260円では大トリガミもいいところ(泣)

エイシンフラッシュを3着付けで見たところまでは良かったのですが、ヴィクトワールピサの1着固定を信じ切れなかったのでこの結果もいたしかたないところ。

回顧はまた別に行うとして、これからは儲かる的中を目指していくよう買い方にも気をつけていきたいと思います。

| 的中実績 | 00:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

<的中!>高松宮記念

だいぶ前の話になりますが・・・実はこっそり?覆面黒子氏が高松宮記念を的中させていました。

ちなみに皐月賞では1,2着の2頭軸から3着外しだったとのこと・・・

好調なんだか不調なんだか良く分かりませんが、登場した際は是非ご注目ください。

| 的中実績 | 00:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

<的中!>フェブラリーS

ブログ更新が結構ギリギリな時間になってしまいましたが、フェブラリーSは私たわごと、手堅く3連単4,190円と3連複1,160円を的中させることができました。

フェブラリーSについてはラップを見ると、2番手から突き放したエスポワールシチーは「テンよし中よし終いよし」。タイムこそ昨年自身4着時より0.1遅いですが、サクセスブロッケンはそこからさらに離れているわけですから、現時点では完全に力差がはっきりしたことになります。JCダートとほぼ同じ形で、2着も差しこんできた4歳馬テスタマッタでした。

これでエスポワールシチーは京都記念快勝のブエナビスタらと同じくドバイへ向けてローテーションが組まれるとのこと。強い競馬を期待しましょう。

なお、京都記念についても簡単に振り返ると、並ばれてからまた突き放したブエナビスタの勝負根性、前にもいけての勝利は「力強い」の一言。ジャガーメイルも良く走っていますが相手が一枚上でしたね。

ドリームジャーニーは回転が速いストライドで、平坦外回りは合わないということを改めて確信しました。京都外回りだと他の馬も切れるので、中々前も止まりません。59キロで格好は付けた感じですが、春の天皇賞の舞台では絶対視はできないと思います。狙うは連覇のかかる宝塚記念でしょう。

4着ホクトスルタンの復調ぶりにもちょっと次走注目ですね。

| 的中実績 | 20:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

不的中の裏側で

共同通信杯はハンソデバンドが凌いで勝利し、馬券は不的中。

しかし本命に1倍台のアリゼオではなくダノンシャンティを推せたことには価値があったと思っています。能力比較で3位という評価が出ていたように、記録上は1倍台で人気になりすぎという印象でした。

アリゼオのルメールやTV解説者は「今日は力を出しきっていない」と評価していましたが、これは言い訳、現時点での力負けに過ぎません。本当に強い馬なら力を出しきらないということはまずない。力を出しきれなかったということは何かしら原因があり、それに対処出来なかったということ。

とはいえ、勝ちタイムは平凡。超スローで番手から行きたがったのをなだめて凌いだハンソデバンドを強いとするか、差しきれなかった後続がだらしなかったとするか。これから検証します。

さて、その共同通信杯の前に行われた早春S。母父サンデーの勝ち馬を軸に9番人気のリバースモードをヒモに選んで馬連はもう少しで万馬券という配当をゲットしました。リバースモードは【徹底攻略】東京芝1800mで掲載していた戸田厩舎の馬でした。

これまで当地条件に実績はなかったものの、前走中山のスロー競馬で上がり最速を記録していたことから、いわゆる上がり勝負になりやすいここで今回は好走する下地があったわけです。

是非ご活用下さい。

| 的中実績 | 00:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。