我が道競馬道!!

たわごとの競馬予想!! メインレースを中心に掲載いたします☆

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

<昨年比較>中山1回7日目・8日目~10年中山1回のおさらい~

仕事多忙により回顧が遅くなりましたが、今後のためにしっかりと復習しておきたいところです。

昨年の1回中山7日目は以下のとおりでした。
09中山1回7日目

また昨年の8日目は以下のとおり。
09中山1回8日目

これまで馬場や騎手、血統、1番人気の成績などを振り返ってきましたが、中々時間が取れないことから今後は各開催前に昨年の特徴を紹介し、競馬開催の翌週に2日分の特徴を振り返る形を取りたいと思います。

10中山1回7日目
10中山1回8日目

ということで今季7日目の特徴は
①馬場・・・芝ダートともに差しが目立ってきました。
②馬場差・・・芝は0。ダートは1200mで+0.2、1800mで+1.4。
③騎手・・・蛯名が4勝。注目は大庭騎手で、5,8,12人気で2着3回。厩舎の組み合わせはそれぞれ別でした。
④血統・・・ダート1800でネオユニヴァースが3回絡みあり、母父サンデーも活躍。
⑤人気・・・1番人気(5,2,2,3)
⑥出目・・・なんとなく3、10、11,13,14の目が多いです。2ケタ馬番の活躍が割と目立つようです。

8日目については
①馬場・・・芝ダートともに差しか逃げかといった感じ。最終日なのに割と前目の馬が勝利している点は注意です。
②馬場差・・・前日と同じで芝は0。ダートは1200mで+0.2、1800mで+1.4。
③騎手・・・横山典が5勝。2~3着も多く、本日は横山典弘デーでした。1年に2~3回、ほとんど馬券に絡む日がある横山典騎手ですが、その傾向が強いのは特に秋開催の府中であることもちょっと覚えておきたいところです。
④血統・・・特に目立つことはありませんでした。
⑤人気・・・1番人気(4,2,2,4)ですが2番人気の勝利も多く、数字ほど荒れた日ではありません。
⑥出目・・・なんとなく7と2ケタ馬番の活躍が割と目立つようです。


さて、10年中山1回開催が終了しましたが、ダート戦は昨年暮れ同様に時計がかかりパワータイプの活躍が目立ちました。
東京開催のダート戦は割と軽いダートになるので、中山戦で大敗した東京巧者には要注意でしょう。
芝は最終日までに+の馬場差にならなかったことから、冬場ながらそれなりに良好な状態で競馬が行われました。なので、芝の競馬は基本的に(ペースは別として)各馬能力を出し切れるものだったと判断できるかと思います。

スポンサーサイト

| <昨年比較>中山 | 01:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

<昨年比較>中山1回5日目・6日目

09年の中山1回5日目、6日目と本日行われた5日目を比較していきます。
6日目終了次第、追記で6日目の詳細を掲載します。

ではまず09年中山1回5日目から。
09中山1回5日目

①馬場・・・芝ダートともに前目の馬の勝利が目立ちます。。
②馬場差・・・芝は+0.8。ダートは1200mで-0.1、1800mで+1.2。
③騎手・・・横山典が3勝、木幡2勝。
④血統・・・芝で母父トニービンの活躍が目立ちます。
⑤人気・・・1番人気(5,3,0,4)
⑥出目・・・なんとなく6,15の目が多いです。2ケタ馬番の活躍が割と目立つようです。

続いて09年1回中山6日目です。
09中山1回6日目
①馬場・・・5日目とほぼ変わりません。
②馬場差・・・芝は+0.9。ダートは1200mで-0.1、1800mで+1.2。5日目と同じような状態です。
③騎手・・・三浦、蛯名、松岡が各2勝。
④血統・・・ダ千八でGアリュールが目立ちます。Aタキオンもダ千八で好走。芝では5日目に続いて母父トニービンが1好走ありです。
⑤人気・・・1番人気(5,2,1,4)
⑥出目・・・なんとなく9,11の目が多いです。連日2ケタ馬番の活躍が割と目立ちます。

では本日行われた10年中山1回5日目です。
10中山1回5日目
①馬場・・・昨年ほど前目狙いの傾向ではないようです。脚質の有利不利はなさそうです。
②馬場差・・・芝-0.3、ダート1200mで+0.1、1800mで+1.4
③騎手・・・横山典が3勝、柴田善が2勝。横山典騎手はこの日を終えて早くも今季10勝目をマーク。昨年の1回中山でもかなり名前が出てきていますから、年明け中山=横山典の構図は覚えておきたいです。
④血統・・・昨年同様、芝で母父トニービンが活躍し大穴をあけました。12R芝二千で1,2着馬が母父トニービン。1,3着の父がHマズル。この前の京都編の記事で書いたように、同じ父(母父)を持つ馬のボックス馬券を買うだけで、何と3連単は1,146,800円 でした。
⑤人気・・・1番人気(5,3,0,4)。これまで09年、10年ともに1番人気は各日5勝程度していますからまあまあだと思うのですが、12Rで100万馬券が出るなど、大荒れも出ました。
⑥出目・・・なんとなく7,10、14の目が多いです。

あす6日目の予測ですが、天候も晴れのようですので、馬場差は恐らく今日が先週と遜色ないはずですので、先週同様の傾向とみてよさそうです。
騎手、血統の傾向もそうそう変わりなければ、これまでの復習を活かさない手はありません。

<追記>
10中山1回6日目今開催中山6日目です。

①馬場・・・芝・ダート共に割と前目から勝ち馬が出るも追い込みも決まっておりペース次第。
②馬場差・・・芝-0.2、ダート1200mで+0.2、1800mで+1.5
③騎手・・・横山典が3勝、藤田が2勝。2~3着にもこれらの騎手が独占ではどうしようもないのでしょうか。
④血統・・・芝ダート問わず母父サンデーが活躍。
⑤人気・・・1番人気(6,1,0,5)
⑥出目・・・なんとなく1,4,5、7,9、10の目が多いです。

| <昨年比較>中山 | 19:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

<昨年比較>中山1回3日目・4日目

私自身苦手の変則開催が終了しました。それでは昨年同時期との比較をしていきましょう。

まず09年中山1回3日目が↓のとおりです。
09中山1回3日目

①馬場・・・雨の影響だと思われます。稍重スタートも芝ダ共に午後は回復。芝は4鞍あって勝ち馬の脚質は逃げ1、好差し2、差し1。ダートはオールマイティー。
②馬場差・・・芝は+1.2。ダートは1200mで0、1800mで+0.3。
③騎手・・・田中勝が2勝、後藤が1勝2着2回。三浦、横山典、蛯名もバランス良く馬券に絡んでいます。内田博未勝利。
④血統・・・ダートは特に主張事項はありませんが、芝でステイゴールド(Sゴールドと表記)が2勝。距離は千六、二千。冬の中山でSゴールドというとドリームジャーニーが代表ですが、合っているのかもしれません
⑤人気・・・1番人気(5,4,1,2)
⑥出目・・・なんとなく8、11の目が多いです。2ケタ馬番の目が割と目立ちます。

続いて昨年4日目を見てみましょう。
09中山1回4日目
①馬場・・・芝は2抜け勝ちが1鞍あるものの、差し傾向。ダートはほぼ差し馬が1着。
②馬場差・・・芝は+0.8。ダートは1200mで+0.2、1800mで+0.8。
③騎手・・・勝浦、吉田豊、横山典が2勝。三浦、田中勝も2~3着で馬券圏内突入です。2日連続内田博未勝利。
④血統・・・特に目立つ点はありませんが、寒竹賞でマンハッタンカフェ産駒が1,3着。ネオユニヴァースが芝ダート問わず絡んでいます。
⑤人気・・・1番人気(3,3,2,4)
⑥出目・・・なんとなく5,6、11の目が多いです。

ここで注目したいのは内田博騎手の2日連続未勝利という記録。いつぞやの記事で書いたことがあるのですが、内田博が土曜日午前中までに未勝利だとそのまま午後も勝てない可能性が高い⇒日曜日も未勝利、という印象をここで引き出してくれています。前回の10年1・2日目のときの回顧ではかろうじて午後1勝ということで翌日の結果に注目すべきでした。結果的に見れば、土曜に1勝でもしていれば日曜日も勝利に持ってこれるということでしょう。
なお、この土日未勝利という結果は夏の新潟でも発見した記録なのですが、リーディングJになるほどですから、
注意すべきことです。記録として出てき次第ピックアップします。

では今年10年の3日目です。変則開催の真ん中2日目になります。
10中山1回3日目

①馬場・・・芝は3鞍で逃げ切り2、好差し1。ダートは均等です。
②馬場差・・・芝は-0.4。ダートは1200mで+0.1、1800mで+1.4。
③騎手・・・横山典が3勝、内田博が2勝。松岡騎手が騎乗停止明けでいきなり10番人気1着など、厩舎も復帰祝いを作ってあげたのでしょうか。
④血統・・・芝3歳マイルで母父トニービンがワンツー。芝ではあとはKカメハメハが2回。ダートはBタイムが2回。
⑤人気・・・1番人気(3,0,1,8)と大荒れ。
⑥出目・・・なんとなく3,5,9,11の目が多いです。

続いて今年の4日目です。変則開催最終日。
10中山1回4日目

①馬場・・・芝・ダート共に差し系の勝利もありますが、全体的に前目からの勝利が目立ちます。
②馬場差・・・芝は-0.4。ダートは1200mで+0.1、1800mで+1.4。
③騎手・・・4Rで9頭の落馬があり、内田博、中舘、蛯名などリーディング上位騎手が乗り替わりに。横山典が1勝2着3回。
④血統・・・特に目立つ点はありませんが、Sゴールド産駒のジャミールが上がり1位で迎春S勝利。これで冬の中山芝はSゴールドをマークすべきと出ました。⑤人気・・・1番人気(6,1,1,4)
⑥出目・・・なんとなく1,2,9,11,12,13,14の目が多いです。


ダートは昨年比で時計がかかっている馬場状態が続いています。雨の影響がない限り、馬力のある大型馬やここまで好走のある血統背景を持つ馬には要注意でしょう。
芝は昨年同時期より速い馬場状態です。Sゴールドを取り上げましたが、ある程度速い馬場でのものであることを補足しておきます。

騎手では横山典弘騎手。上位騎手が落馬で戦列を離れることになったので、中心騎手になりそうです。あとは田中勝騎手あたりも好調ですし、狙い目です。


| <昨年比較>中山 | 00:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

<昨年比較>中山1回1日目・2日目

09年と10年の中山1回1日目・2日目を比較してみましょう。

まず09年ですが、1日目は↓をご覧ください。
09中山1回1日目

①馬場・・・芝は差し馬の勝利が目立ちます。ダートは午前の鞍こそある程度前へ行った馬が勝利も午後は差し馬勝利。
②馬場差・・・芝は-0.6。ダートは1200mで-0.3、1800mで+1。
③騎手・・・北村宏が2勝、三浦が2着3回、田中勝が3着3回などのほか、横山典もバランス良く馬券に絡んでいます。
④血統・・・特に目立つ点はありませんが、寒竹賞でマンハッタンカフェ産駒が1,3着。ネオユニヴァースが芝ダート問わず絡んでいます
⑤人気・・・1番人気(4,2,2,4)
⑥出目・・・なんとなく2の目が多いです。

2日目は↓になります。
09中山1回2日目
①馬場・・・芝もダートも基本は差し馬勝利の傾向。
②馬場差・・・芝は-0.3。ダートは1200mで-0.2、1800mで+1.1。
③騎手・・・三浦が3勝、伊藤工が2勝などのほか、横山典、吉田豊がバランス良く馬券に絡んでいます。
④血統・・・特に目立つ点はありません。
⑤人気・・・1番人気(1,3,4,4)
⑥出目・・・なんとなく1,6,7の目が多いです。

次に10年ですが1日目は↓のとおりです。
10中山1回1日目
①馬場・・・芝もダートもある程度前目の馬が勝利。
②馬場差・・・芝は-0.3。ダートは1200mで-0.1、1800mで+1.2。
③騎手・・・内田博が4勝、中舘、藤田が2勝。柴田善が2着2回、3着3回。ベテラン頑張ります。
④血統・・・ダ千八で3歳戦と1000万でコマンダーインチーフ産駒が2着。Aベガ産駒はこれで中山金杯3年連続で連対。トウショウシロッコはAベガの代表産駒ですが、好走は中山の千八~二二。中山中距離のAベガは注意必要です。
⑤人気・・・1番人気(5,2,1,4)
⑥出目・・・なんとなく2,5の目が多いです。

10年2日目は↓をご覧ください。
10中山1回2日目
①馬場・・・芝もダートも偏りなし。
②馬場差・・・追記:芝ー0.4。ダ1200で+0.1、ダ1800で+1.4
③騎手・・・田中勝が2勝してJRA通算1400勝を達成。カッチーも今年で40歳だそうです。内田博が午前中に1番人気で取りこぼしが続いたのでこのままだと今週未勝利の流れかと思われましたが10Rで勝利。しかし日曜日と月曜日は単勝負禁物?
④血統・・・ダ千二でアフリート産駒が2連対。ダ千二戦では昨年暮れから割と馬券に絡んでいますので冬の中山ダ千二では要注意血統です。(日曜日ジャニュアリーSでは人気のダイワディライトが該当)←追記:などと書いたら失速しました。。。
⑤人気・・・1番人気(4,3,0,5)
⑥出目・・・なんとなく5,7の目が多いです。


昨年は2日目が連続開催でしたので、1月5日から3日間空いた今年の2日目とは傾向が若干変わっていておかしくはないのですが、初日・2日目ともに今年の方が脚質的にバランスが取れているようです。昨年2日目と今年の初日の馬場差がほぼ同じですが、脚質的に見ると違いがある点には注目したいところです。

| <昨年比較>中山 | 03:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。