我が道競馬道!!

たわごとの競馬予想!! メインレースを中心に掲載いたします☆

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

新潟記念予想

3回新潟6日(2007/08/26)

11R 第43回農林水産省賞典 新潟記念(G3)

 馬名斤量騎手厩舎血統騎手たわごと
1トリリオンカット55.0柴田善臣音無秀孝

・・・

 

・・・

 

・・・

2アドマイヤモナーク55.0安藤勝己松田博資

 

 

3グレイトジャーニー55.0蛯名正義池江泰郎

・・・

 

 

・・・

4フェイトトリックス54.0中舘英二池江泰郎

・・・

 ・・・ 

5アフリカンビート52.0武士沢友森秀行

・・・

 ・・・ 

・・・

6サニーネイティブ51.0田中博康谷原義明

・・・

 ・・・ 

・・・

7トウショウヴォイス52.0小林淳一小桧山悟

・・・

 ・・・ 

・・・

8ニシノナースコール53.0北村宏司尾形充弘

・・・

 

 

・・・

9ヤマニンアラバスタ54.0田中勝春星野忍

 ・・・ 

10ダイイチアトム52.0松岡正海手塚貴久

 ・・・ 

・・・

11スクールボーイ52.0小野次郎小林常泰

・・・

 

・・・

 

・・・

12トップガンジョー58.0後藤浩輝和田正道

 

 

13シアトルユー52.0大野拓弥手塚貴久

・・・

 ・・・ 

・・・

14マヤノグレイシー54.0福永祐一坂口正大

・・・

 ・・・ 

・・・

15スクリーンヒーロー51.0石橋脩矢野進

・・・

 ・・・ 

16センカク53.0村田一誠池上昌弘・・・ 

 

17テンジンムサシ53.0丹内祐次矢野照正

・・・

 ・・・ 

・・・

18ユメノシルシ56.0吉田豊大久保洋

 

 


【血統データ室】
確たる中心馬不在。このレース勝利実績のあるヤマニンアラバスタ、トップガンジョーを上位に取上げた。前者の父ゴールデンフェザントは後者の母父と同じなので2頭とも好走して納得(トップガンジョーは昨年狙い目だったとなる)以下では母父が共にトニービンでどうぞここで走ってくださいといわんばかりのアドマイヤモナーク、ユメノシルシ。現に前走で外回り二千をクリアしているダイイチアトム。高クラスのサンデー系は来ないことはないが数字上の成績からは強く推せないのでここまで。

【騎手データ室】
七夕賞時と同じように、スポット参戦してくるには狙ってくるとみるのが鉄則。現に3年前レニングラードで2着のある安勝は人気でもマークしたい。

【たわごとの狙い】<的中馬券に推して!ユメノシルシ
馬インフルエンザの影響もありメンバーは小粒、持ち時計がない馬が多数など各馬死角持ちで難解な一戦。展開からはスローの上がり勝負必至だが、土曜の傾向からは1週休止のせいか馬場は良好で逃げ馬が粘るシーンも見受けられた。メインの外芝千八でも吉田豊のスルーレート(鞍上はユメノシルシを意識したか)の逃げ粘り3着があったように、外回りでも構えすぎると差し届かずの危険性あり。

前走不向きの小回り二千をさすが名手という乗り方で2着に来た安勝・アドマイヤモナーク。明らかに条件好転の今回だがここにきて情報会社から体調下降説(熱が高いとの情報)。それでもこのメンバーなら、という評価にあったが、あまり後ろで構えすぎれば尚更不発の可能性もあり、ここは評価を下げた。

ユメノシルシから入る。脚質転換に成功し自在性を身に付けながらここ2戦オープン、重賞と連続好走。今季崩れたのが果敢に挑戦した天皇賞春だけと、充実は本物。特に2走前の福島テレビOPはHペースを徐々に押し上げていき、長く良い脚を使って勝利したように、初コースとなる新潟外回りにも何ら不安はない。当時2着のタマモサポート、4着のガッテンワンが2週前の天の川S(外芝二千)でワンツーしているように、あのレースで好走=今回の条件OKがいえる。血統的な裏付けもあり、騎手も得意な条件。56キロも問題はなく、ここから狙う。逃げても問題ないが過去5年の新潟記念では逃げ馬の連対0を考えると、2,3番手からの競馬で進めたい。

ユメノシルシとアドマイヤモナーク以外では過去のレースデータ的にほとんどが消えてしまうが母父トニービンでワンツー(更にいえば七夕賞好走の2頭⇒新潟記念も2頭で連続好走)は可能性として高くないと思うので相手を探したい。

と言っても横並びだが、府中二千ベストならここで走っても驚けないセンカク、昨年も関屋記念大敗から5着に食い込んだヤマニンアラバスタの一変には注意したい。後者は昨年1分57秒6で乗り切りながら比1キロ減の54キロ。昨年より相手は楽だ。

フェイトトリックスは崩れた時が2走前東京戦以外はやや重以下に悪化した時などだが、その時もほとんど京都のような広いコース。一瞬の脚で勝負するタイプだけに広いコース歓迎とはいえないので強くは推せないが中舘がどう乗るかは見物。トップガンジョーはデータ的に3着までしか買えない点が不安。

スクリーンヒーローは前走は力の要る馬場、コース形態などベスト条件だっただけに今回の条件ではあまり推せないのだが、その前走は3着イクスキューズが次走クイーンS2着、4着バブルウイズアランが1000万快勝とハイレベル。ここで走って何ら不思議はない。

【買い目】
馬連⑱流し⇒②④⑨⑫⑮⑯ 6点

| 07メインレース予想 | 01:53 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tawagotokeibadou.blog115.fc2.com/tb.php/24-2245c155

TRACKBACK

◎フェイトトリックス 新潟記念(2007年)【血統フェスティバル】予想

【新潟記念】の予想。「出走馬」「近5年の1~3着馬の血統とレース内容」「現在の好走血統」を掲載。

| 【血統フェスティバル】blog | 2007/08/26 09:02 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。