我が道競馬道!!

たわごとの競馬予想!! メインレースを中心に掲載いたします☆

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【徹底攻略】東京ダ1600m

フェブラリーS、武蔵野Sなどが行われる東京ダ1600mを攻略します。

まず昨年の東京ダ1600m馬番別成績を見てみましょう。09東京ダ1600馬番別成績
芝の長い部分を走れるため外枠が有利と言われる舞台ですが、なるほど確かにその傾向が出ています。95鞍全てがフルゲートでないことを考えても外枠の成績が優秀だということが分かります。

では続いて 昨年の東京ダ1600m人気別成績を見てみます。
09東京ダ1600人気別成績
スピードだけでなくスタミナも問われるという東京芝マイルですが、ダートの場合においても力と力の勝負になりやすいのでしょう。1番人気は約7割馬券対象になる好成績です。2番人気も大崩なく、上位1~2人気を軸にヒモ荒れという狙い方が良さそうです。

次に条件別に馬券対象上位血統をみていきます。
2歳・3歳戦
<血統上位>
良馬場
1位母父サンデーサイレンス
2位シンボリクリスエス
3位ゴールドアリュール
稍重以下
1位キングカメハメハ
〃 ゴールドアリュール
3位シンボリクリスエス

古馬500万(以下、秋3歳上500万含む)
良馬場
1位クロフネ
〃 シンボリクリスエス
3位アグネスタキオン
〃 スペシャルウィーク
〃 マンハッタンカフェ
稍重以下
サンプル数が少ないため省略

古馬1000万
良馬場
1位母父サンデーサイレンス(父含む)
2位フサイチコンコルド
稍重以下
1位クロフネ
〃 母父サンデーサイレンス
〃 マヤノトップガン

古馬1600万以上のクラス
良馬場
1位ストラヴィンスキー
〃 母父トニービン
〃 母父ブライアンズタイム
稍重以下
1位シンボリクリスエス



続いて、脚質別成績を見てみます。
勝ち馬の決まり手<逃げ、2抜け、先行、好位差し、差し、追い込み>
これは古馬500万以上のクラスを良馬場対象に(1600万以上は稍重以下も)掲載します。
(3着内馬対象)

1~3開催500万良6鞍<1,3,3,3,6,2>
4~5開催500万良10鞍<4,2、5、7、11,1>

1~3開催1000万良5鞍<1,1,2,4,5,2>
4~5開催1000万良4鞍<1,2,4,3,2,0>

1~3開催1600万以上良3鞍<2,2,1,3,1,0>
4~5開催1600万以上良3鞍<1,0,2,1,3,2>
4~5開催1600万以上良3鞍   <2,1,2,1,2,1>

1600万以上では逃げ馬の成績も悪くありませんが、開催・クラスを通さず基本的に差し馬が軸。
かといって極端な追い込みも厳しく、逃げ馬もよほどノーマークでいけるか力がないと難しいようです。


それから昨年データを参考に各条件のタイム基準値(良馬場時の昨年平均タイム)を見てみます。(2・3歳戦は除く)
以下を上回る持ちタイムを持つ馬は基本的に東京ダ1600mで馬券圏内に突入できるレベルのある馬と判断できます。
(開催ごとに馬場差が変わるため若干変動はあります)(※算出ラップは各開催の平均値(小数点切り捨て))

500万条件良馬場 1:38.5
算出ラップ
前半47.7(12.4-11.0-11.9-12.4)
後半50.0(12.7-12.4-12.2-12.7) 

3着内馬平均上がり3F37.4

1000万条件良馬場1:37.8
算出ラップ
前半48.6(12.5-11.1-12.4-12.6)
後半49.3(12.6-12.2-11.9-12.6)

3着内馬平均上がり3F36.5

1600万以上良馬場1:35.9
前半46.5(12.3-10.7-11.5-12.0)
後半48.8(12.3-12.0-11.9-12.6)

3着内馬平均上がり3F36.5

差し馬が活躍する舞台だけあって上がり1位を記録できる馬が狙いですが、1000万クラスから上になると必ずしもそう
ではありません。強烈な上がりを使える馬の狙いはより500万条件戦です。
また、500万と1000万では前後半の流れ方に違いがある点(500万では前傾、1000万では後傾)にも注意です。


前走どの条件を使っていた馬が好走しているかについても1600万以上のクラスで着目してみましょう。
前走比(芝・ダート問わず)
距離短縮 15頭 
同距離   4頭
距離延長  8頭

なお休み明け組8頭

ダートの1600mは東京しかないため、同距離の数が少ないのはある意味納得でしょう。
注目は力が問われる舞台と評しておきながら休み明けの馬が活躍している点は注目です。

最後に、条件別ではありませんが、この東京ダ1600mで3着内回数が多い上位騎手と厩舎を
ご紹介。
<上位騎手>
1位 内田博
2位 蛯名
〃  松岡
<上位厩舎>
1位 矢作
2位 萩原
3位 相沢
〃  加藤征
〃  小島太 

関西の矢作厩舎が1位となっている点、遠征した時は要注意です。

以上、ご参考ください。

| 徹底攻略 競馬場 | 13:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tawagotokeibadou.blog115.fc2.com/tb.php/277-2cc96fae

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。