我が道競馬道!!

たわごとの競馬予想!! メインレースを中心に掲載いたします☆

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

武豊が弥生賞男な理由【プチ攻略】2010弥生賞

競馬に時間をつぎ込めなくなってきた今日この頃、お金もなく今週はお休み。予想だけはさくっとしておきましょう。

武豊騎手といえば弥生賞に滅法強い騎手ですが、昨年は不出走。今年はクラシック王道路線を歩むヴィクトワールピサとコンビを組んで出走してきました。ここは弥生賞男健在ぶりをアピールしたいところ。

しかし、弥生賞で勝利をしたのに皐月賞では成績が悪い。皐月賞はナリタタイシン、ディープインパクトの2勝だけ。スペシャルウィークもアドマイヤムーンも大外分回しで届きませんでした。

武豊騎手が弥生賞を勝つそのケースのほとんどは「まくり」です。この戦法で勝てるのは弥生賞が少頭数だから。

あまりにもその勝ちっぷりが鮮やかだから、本番でも同じように乗ってしまうのかわかりませんが、18頭フルゲートの「まくり」戦法で大外を回るのはロスがありすぎるのです。ディープインパクト級でなければ難しいし、この時期にディープインパクト級の判断を見極めるのはまた難しい。

ということで、というわけではありませんが、昨年のラジオN杯のレベルの高さは疑う余地がないヴィクトワールピサのまくり一気がここではお約束の1着。ネオユニヴァース産駒なら道悪も大丈夫でしょう。

◎ヴィクトワールピサ
〇エイシンアポロン
▲アドマイヤテンクウ
∴ビッグバン
△コスモヘレノス
 ミッションモード

個人的なイメージですが、中山芝二千=池添という印象もあり、エイシンアポロンが相手。特に京王杯のレベルは高く、そこで稍重馬場を苦にしなかったのも強調材料。

アドマイヤテンクウの京成杯2着はレースレベル自体が高くなかったため過信禁物ですが、ここも上位2頭を除けば大したことない組み合わせ。なら、人気どおりの評価。

ヴィクトワールピサと同じ父ビッグバンもこの馬場を味方に一発注意、前粘りでコスモヘレノス、道悪で欧州血統ミッションモードという予想です。トーセンアレスは試金石。

-----------------------------------------------------------
追記

今日の馬場を見るとまくりきるのは難しそうです。昨年のロジユニヴァースのように先手先手の競馬をするようなら「さすが武豊」となるのですが・・・ここは武豊騎手の(今後の)判断基準になる1戦とみます。
まあある程度衰えがあるよなーと思っていますが。。

| 中山攻略 | 12:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tawagotokeibadou.blog115.fc2.com/tb.php/286-1d8b0a83

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。