我が道競馬道!!

たわごとの競馬予想!! メインレースを中心に掲載いたします☆

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【たわごとコラム】2010皐月賞的中への布石(4)

共同通信杯を勝ったハンソデバンド。

2着ダノンシャンティ、3着アリゼオがその後重要なステップ重賞を勝利したことでその価値が高まっているようですが、人気にはあまり表れていないようです。

中山では2走前にジュニアC(Hペース)を勝利しており、必ずしもスローの競馬だけにしか対応できないというわけではないようです。加えて鞍上は桜花賞を制して勢い十分の蛯名騎手。穴人気としては面白そうですが・・・

父Mカフェはともかく、母父アフリートという点で少しでも時計がかかるのはプラスでしょうが、距離延長での平均ペース以上の速い流れがどう出るでしょうか。共同通信杯から間があいたローテーションも懸念材料です。皐月賞では3トライアル以外からの直行は基本的にNG。そういう歴史はどこかで崩れるものですが、前走のかかりっぷりを見るとやはり距離延長で包まれた際がどうかという不安の方が強いです。


きさらぎ賞を勝ったネオヴァンドーム、2着のレーヴドリアンもトライアルを挟まずの直行。前者はネオユニヴァースに馬場悪化の際の鬼トニービンを母父に持つ血統が魅力ですが・・・後者は4戦のキャリア全てで上がり1位。大きなストライドで、しかも全てスローの競馬ではない点は魅力ですが、こちらは2走前のように機動力を活かせるかが鍵。ハマった際の3連単の3着候補までと捉えたいです。


そして前述で触れたエイシンアポロンの存在。

デイリー杯でやはりクラシック候補と言われたリディルとタイム差なしの2着。京王杯で阪神JF2着アニメイトバイオを破って勝利し、続く朝日杯ではHペースを真っ先に動き一番強い競馬をしてローズキングダムには完敗でも2着を死守。自身も最後まで脚色が衰えることはありませんでした。

そして前走の弥生賞でも「見ていて安心」の乗り方で2ヴィクトワールピサにやはり完敗の形の2着。

ローズキングダムとヴィクトワールピサに共に完敗の形で敗れているもののそれ以外とは力の差を見せた感があったここ2走から、今年の基準となる馬と判断したわけです。

2頭のほか、未対戦の何かに負ける可能性はあるものの、上位から崩れる姿は想像できない安定のエイシンアポロン。この馬に勝てる馬を探す予想方法をとるのもありかもしれません。

| 【たわごとコラム】 | 23:33 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tawagotokeibadou.blog115.fc2.com/tb.php/307-533da327

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。