我が道競馬道!!

たわごとの競馬予想!! メインレースを中心に掲載いたします☆

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2歳戦の難しさ

新潟2歳Sと小倉2歳Sが終了し、いよいよ来週からは秋競馬がスタートします。とはいえ、相変わらずの暑さですので秋競馬という感じではないでしょうがね。。

さて、そろそろ趣味=競馬、に戻ろうかと思いますので、少しずつ予想を頑張っていきたいと思います。

簡単に今日のレースを振り返っておきましょう。

まず、新潟2歳S。

戦前では芝1800mの新馬戦をスローで上がり33.3で逃げ切ったクリーンエコロジーが1番人気でした。

中間は後藤騎手がわざわざ栗東に駆けつけるなど、その熱心さから「買い」なのかということもあったのかもしれません。

しかし結果は10着。

過去の新潟2歳Sで新潟芝1800を勝って臨んだ馬は<0,0,2,11>でした。どうしてもスローに流れやすい芝1800と、2歳Sに限ってはスローになることはない芝1600とでは求められる資質が違うということは分かっていました。

また、Kカメハメハ産駒は2歳戦の芝1600だと高評価できるほど特筆すべき成績を残しているわけでもなく、私自身はちょっと危険じゃないかと判断していました。

(なお、予想は載せませんでしたが、本命はFキセキ産駒のホーマンフリップだったのですが取り消しになってしまい残念でした・・・)

同じ芝1800でも平均ペースを差して勝ってきたリーサムポイントの方がまだ評価上位と思っていたのですが、結果は出遅れが響きそのまま見せ場なし。

小倉のブラウンワイルドが初戦1分7秒台のレコードで勝利するなど、とんでもないインパクトを残す2歳馬でも2戦目にはまさかの2着になってしまうなど、2歳戦、特にキャリア1戦だけで強烈なインパクトを残したから「素質高い」といって重賞で即1~2人気になるような馬は基本的には過信禁物。それが2歳戦における私の競馬の基準です。

ちなみに勝ったマイネイサベルは父がテレグノシス。この条件ピッタリの血統でした。母父サンデーは2着Mラクリマと同じで、そのMラクリマの前走騎乗者はマイネイサベル勝利騎手の松岡騎手でした。

ダリア賞を勝ったエーシンブランの父がSオーヴァーボードであったことなんかを考えると、2歳戦では特に強いマイネル軍団の馬券を中心に組み立てるこも可能だったかもしれません。

ということを予想も掲載せずに書くのは良くないのですが、今後の参考までに記載しました。


小倉2歳Sはオーナーの「逃げるだけのレースでは成長につながらない」という理由でヤネを変えたと言われたシゲルキョクチョウが結局スピードの違いで?ハナを切って突き放すも最後にブラウンワイルドに差されて1:08.7の決着。ブラウンワイルドの父はダートでおなじみのWラッシュ。母父ヤマニンゼファーだから血統としては地味なのですが、3戦目で差す形をマスターしたのは安定味があります。ブラウンワイルドの上がりは34.8で、レース中1位でした。

がしかし。34.8で上がった馬は実は他に2頭おり、それぞれ4着(1:09.2)、7着(1:09.4)。正しくはレース中1位タイという言葉が正しいのです。

同じレースで上がり1位の脚を使う馬が2頭以上いるとき、そのレースレベルは力差がないことの証明と私は考えています。条件が何かしら一つでも変われば着順は変動すると思っています。

今回でいえばブラウンワイルドの完成されたレースセンスにより1着でしたが、他馬の成長が見込める(血統だったり)ならば、今回の着差は実はそこまでではないかもしれないと思っています。まあ今しばらくはブラウンワイルドとシゲルキョクチョウのスピード能力は2歳短距離界の基準になることは間違いないでしょうが。


最後に札幌日経OPにも話を。

トウカイメロディが古馬相手に2連勝しました。しかも2戦ともに2着はホクトスルタンが相手。

東京芝二四で2戦し、それぞれハイペース、スローペースで3着、6着と一歩だったように、長く良い脚を使えるタイプではなく、最速上がりを繰り出せる脚があるのに勝利が小回りの中山芝二二や洋芝の函館、札幌であることを考えると、スタミナの問われる小回りの長距離戦が狙い目になります。なので、どちらかといえば直行で向かうという菊花賞よりは、暮れの中山のステイヤーズSや来年の日経賞、オールカマーなどに出てきたら積極的に狙いたいという感じ。

しかし降した相手がホクトスルタンなのだから、菊花賞に行って(同3歳相手を考えると)、十分夏の上がり馬の名のもと好勝負になるだけの力は付けているということになります。これはまた菊花賞のメンバーがはっきりした時に考えます。

この夏は3歳牝馬ではスマートシルエットという素晴らしい馬が出てきたりと、秋競馬に楽しみがあるのは確か。夏に注目してきた馬の今後に注目していきたいです。

| 【たわごとコラム】 | 23:22 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

ようやく更新ですか

ともかくブログ更新おつです。
私も機を見てコメント欄にでも予想を書いていくので、今後ともヨロシク

| 覆面黒子 | 2010/09/08 21:12 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tawagotokeibadou.blog115.fc2.com/tb.php/328-c7849254

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。