我が道競馬道!!

たわごとの競馬予想!! メインレースを中心に掲載いたします☆

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2010スプリンターズS予想

スプリンターズS
この秋も短距離界は圧倒的存在の新勢力が現れず群雄割拠。高松宮記念馬キンシャサノキセキが休み明け7歳の秋となれば尚更。

スプリンターズSは過去のレースラップを見ても分かるように、セントウルSで述べた傾向とは違い、前後半のラップ差が2秒近く離れることしばしばのレース。しかしながらそれでも逃げ馬が残ってしまうのは野芝で行われるこの秋開催ならではの傾向と思われます。

追い込み馬での連対はデュランダルのみで、キンシャサノキセキは差して一昨年2着と実績を残していますが、この年は結果的に前後半ラップ差が0.8しかないちょっと(当レース良馬場時としては)異例のケース。天候ももった今年は馬場も回復して昨日の1000万で1:07.9が出たように07秒台の高速時計決着は必至とみるのがふつう。キンシャサノキセキ2着の昨年のペースではなくローレルゲレイロ&ビービーガルダンの昨年のペースに近くなると考えられます。

ただ、戦前の予想では09年より08年の方が逃げ馬が多く、時計的には08年の方が速くなるのではという見方ができていたように思います。逃げ馬の数=速いタイムが出る、ではなく、行き切った馬のスピードの絶対値(前半3F)がどれだけ速いのか、によりのかもしれません。

今年は逃げ馬とされる数が3頭(=ヘッドライナー、ローレルゲレイロ、ウルトラファンタジー)。この3頭の最速ぜんはん3Fを競馬新聞で確認してみると、それぞれ33.4、33.1、表示なし。ヘッドライナーについてはセントウルS予想時に記載したとおり、好走ケースが多いのはバランスラップ時。8歳のウルトラファンタジー(最速持ちタイム1:09.0)がいきなり日本の07秒台の決着に加わってくるとは疑問が残ります。グリーンバーディ-との比較では外せないんですがね・・・。そこが悩ましいところです。

以上から、逃げ馬勢から残ったのはローレルゲレイロ。夏を越してどうも覇気がなくなったようなという情報もありますが、一週前栗東販路で49秒台、最終追いでも栗東販路51秒を出しているのでまず「見た目」には合格。ひとまず圏内。これを基準に他の馬の評価を決めます。

まずキンシャサノキセキ。確かにスワンSからの4連勝はお見事。しかし高松宮の前半は33.5で一昨年のスプリンターズ時と同じような流れ。スワンSや阪神Cでは高速決着に対応していますが、千二戦では年齢を考えると前半が32秒台に入るようだと失速の可能性ありと考えます。本日一頭入魂の四位=14馬番が怖いといえば怖いですが、馬番だけいえば去年も四位騎手は14番(サンダルフォン)で来なかったしなぁ・・・

ビービーガルダン。キーンランドCの負け方が気に入らない負け方。ただ、そういうケースから本番で巻き返してくる馬ってのはやはりいるものなので、評価は落とせないです。ローレルとの評価ははっきり言うと五分。

ワンカラットは洋芝が向いたのか、とはいえ2走前のレコード勝ちは素晴らしいし、前走は落鉄しながらの1着で北海道スプリント戦を制覇。藤岡祐騎手の土曜日のレースぶりがどうも気になりますが、これまでもGⅠでは何度か2着しており、自信を持って臨んでほしいところです。ただ、この馬もスプリンターズS特有のラップ構成に対応できるかがカギ。ファルブラヴは中山で行われたJC優勝馬ですがこの条件に向くかは判断が難しい。

ダッシャ―ゴーゴーもバランスラップの流れを勝利したセントウルSとは違う点、対応が難しそう。それに前走は時計が遅すぎました。差し馬でもあり連対突入までは難しそう。

残った有力馬ではグリーンバーディ-、ジェイケイセラヴィ。グリーンバーディ-の評価は一般専門誌が代弁してくれているとしても、対中国問題がある今、香港馬を1着にマークするのはどうも。。加えてあのデュランダルでも歳を重ねた5,6歳時は2着。グリーンバーディ-がデュランダル級の鬼脚を持ってるとしても指定席は2着以下とみたいです。

メキメキ力を付けてきたジェイケイセラヴィは江田照騎乗。枠的にもダイタクヤマトで勝った時とダブる感じを持っている方が多いと思います。この馬、中山芝は<0,0,0,1>ですが中山のダート千二で勝利しているのでコースの対応についてケチをつける必要はないでしょう。課題の前後半ラップ関係ですが、4走前の福島民友Cは1:07.4(33.2-34.2)で芝2戦目で勝利。ここ2戦、特に前走2着はメンバー的にも力を付けていることを図るには十分の中での内容。アイビスSDではダッシュ力も見せており、これは怖い一頭だと思います。血統的には気になりますが、それを超える上昇力に注目。

結論
◎⑥グリーンバーディ-
〇⑮ジェイケイセラヴィ
▲⑨ローレルゲレイロ
∴⑤ビービーガルダン
△⑧ワンカラット
☆④アイルラヴァゲイン
 ③サンカルロ

グリーンバーディ-は1着ではなく、2,3着マークという意味での本命。
馬券は
馬連ボックス⑤⑥⑧⑨⑮、
3連複⑥⇒③④⑤⑧⑨⑮が大本線。
3連単は
⑤⑧⑨⑮→⑥→③④、
⑤⑧⑨⑮→⑤⑧⑨⑮→⑥
で中波乱を期待です。

| 中山攻略 | 12:01 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

予想

◎ビービーガルダン

有力馬に馬単流しで勝負!

| 覆面黒子 | 2010/10/03 15:25 | URL |

発走!

| たわごと | 2010/10/03 15:41 | URL |

7番から押さえるも、大ハズレ!
しかしちゃっかり、初のプレミアムレースをゲット!(安い、、、)

| Drウマ | 2010/10/04 20:51 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tawagotokeibadou.blog115.fc2.com/tb.php/336-98df050d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。