我が道競馬道!!

たわごとの競馬予想!! メインレースを中心に掲載いたします☆

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

天皇賞(秋)回顧

予想以上に馬場が回復し、やや重ながら勝ちタイムは1:58,4、メイショウサムソンは直線こそ最内ではなかったものの、回復していたインを上手く立ち回っては追って突き放す楽勝だった。

テレビの解説でもあったが、突き放して勝ったメイショウサムソンというのも初めてで、新たな面を見せた。やはり同じくオペラハウスのテイエムオペラオーが秋の天皇賞で差をつけて快勝したように、4歳の秋、今が充実のときだろう。奥手の血が開花するパターンはメイショウサムソンにも受け継がれている。休み明けで平均ペースの総合力勝負を正攻法の競馬で制したのだから、続くJCでは素直に最有力だろう。

2着のアグネスアーク以下はコスモバルク、エイシンデピュティの不利が全てとは言えないが、それでもアグネスアークはまともならもう少し楽な2着だった。小柄ながらカンパニーとの叩き合いを制し、これで3連続2着だが、その中身は4連勝しただけの素質馬であることを裏付けるにふさわしい。一戦ごとに体が減ってきて58キロ、ノド不安など苦戦が強いられたが、評価してよいだろう。ただしここがピークの可能性もありで、次走も秋のGⅠとなれば半信半疑もある。

3着カンパニーも斤量泣きするタイプで、東京コース{0,0,0,5}でもありながら善戦した。休み明け快勝は関屋記念圧勝があったから問題なかったか。次走はマイルCS、条件は今回よりは良いだろう。

アドマイヤムーンは不利があったとはいえ、ほとんど見せ場なし。坂上から伸びる気配もなく、追い切りの遅れなど仕上がりの影響が響いたようにも思うし、コースそのものが向かなかった可能性も高い。岩田騎手の東京不得意もあったか。ダイワメジャーは6歳の秋、毎日王冠がレコード決着の3着。評価はされたが宝塚惨敗後のこの歳でのあの内容は激走しすぎで、無印にしたまでは正解だった。続くマイルCSでも狙いにくい。

期待したポップロックはスタートから付いて行けず、おっつけ通し。こなせると判断した距離二千が結果的に短く、対応しきれなかった。馬場が予想以上に乾いたのもこの馬にはマイナスだったか。ポップロックは次のJC向きは明らかで、メイショウサムソンとの差は逆転まではどうかと思える(それくらいメイショウサムソンはこの秋を展望できる強い競馬を印象付けた)が、もう少し縮められるだろう。

| 07先週の予想結果 | 23:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tawagotokeibadou.blog115.fc2.com/tb.php/60-bd7e492f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。