我が道競馬道!!

たわごとの競馬予想!! メインレースを中心に掲載いたします☆

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

エリザベス女王杯回顧

ウオッカが当日朝になって右寛跛行のため回避、ダイワスカーレットや古馬との決着が焦点だっただけに大変残念な形でレースを迎えることとなった。

ダイワスカーレットが結果的に好スタートから逃げ切り、2着にフサイチパンドラ、3着にスイープトウショウだから、結果的には人気順(1⇒3⇒2番人気)に決まったのであり、また実力順でもあった。TV解説者も述べていたが、ダイワスカーレットは安藤勝とのコンビが絶妙としか言いようがない。後続を封じる流れを作った秋華賞同様、今回も見る側としては淡白なレースに映ったが、自分で流れを作って後続を封じたのだからフサイチパンドラ以下は完敗を認めなければならないだろう。秋華賞のような流れにはならないと思われた今回、アサヒライジングのスタート一歩があったにせよ、結果的に秋華賞と同じようなレースをこのコンビは作りあげてしまったのだから、もう今後は展開云々は関係ないのかもしれない。恐らくウオッカが万全で出ていても同じ結果だったように思う。外回りの桜花賞からエリザベス女王杯までを制しこれで重賞4連勝、最優秀3歳牝馬はほぼ確定だろう。来春のマイル~中距離GⅠでは牡馬混合でも中心になっていく可能性が高い。

フサイチパンドラは理想よりやや後ろのポジションだったかもしれないが、早くスパートして力を出し切った。それでも差が縮まらなかったあたり、完敗なのだろう。この後はJCの予定だそうだ。

スイープトウショウはパドックで引退レースと池添騎手に告げられたという話のようで(このケースもまた珍しいように思うが)、悔いのない結果だったのではないかと思う。さすがにハーツクライを負かした宝塚記念時のような迫力にはなかったが、往年の名牝と比べてもトップクラスだろう。調教のできないという気性難を持ったオテンバ娘であったが、それもまた愛されたキャラクターだったように思う。引退レースは走らないという鉄則に反し馬券に絡んだあたりはさすがだった。今後はこの仔に期待が集まるだろう。

期待したディアチャンスはさすがに狙いすぎた感があったと反省せざるを得ない。結果的に須田鷹雄のデータ通りの決着になってしまった。。

取り消した問題のウオッカはオーナーの意向で(体調がまともなら)JCで屈辱をという話に向かっているようだが、常識的には狙いにくい1戦となりそうだ。だがダービーで最高のパフォーマンスをした舞台、恐らくあの舞台ならばダイワも含めて同じ3歳世代には負けないだろう。が、早熟傾向にあるタニノギムレット産駒だけに今後の見極めはやはり非常に難しい。ウオッカだからこそ期待される。このままズルズル、で行くならば時間をかけてじっくり再起を目指してほしい。時間をかけて終わっても惜しみない拍手を贈れるだけの馬だ。

次週はマイルCSでダイワスカーレットの半兄ダイワメジャーが出てくるが、こちらはスカーレットと違い厳しいのではと天皇賞時から考えている。伏兵から狙いを絞ってみたい。

| 07先週の予想結果 | 01:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tawagotokeibadou.blog115.fc2.com/tb.php/66-5b34cbbe

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。