我が道競馬道!!

たわごとの競馬予想!! メインレースを中心に掲載いたします☆

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

阪神ジュべナイルフィリーズ回顧

混戦の2歳牝馬GⅠ、パドックではチャかつく馬が多く見られた。勝ったトールポピーはその中でも一番落ち着きが無く、直前で疑ったほどだった。しかしそれも関係なく制したのだから来春は楽しみだ。

レース勝ち時計は1分33秒8。予想していたより遅かったが時計はどのレースでもあくまで参考基準であって、その時計云々で次の好走敗走が約束されているわけではない。1,2着のトールポピー、レーヴダムールは同じ後方の位置に付けて直線勝負にかけた。それも外を回してきたのだから長く良い脚を使った。昨年とは一転、阪神芝千六の傾向を覆した外枠の差し馬が勝ったことはそれなりに評価できるのではないか。トールポピーはフサイチホウオーの半妹、来春までは間違いなく成長が約束されている。角居厩舎はウオッカに次いでのレース連覇、トールポピーもまたローテーションとその前走成績はウオッカと同じだった。2着レーヴダムールはキャリア1戦なのだから素直に評価できる。後はそのキャリア1戦でGⅠ好走が反動となって過去のキュンティアやシークレットコードのように活躍が終わらないことを祈りたい。

ファンタジーS1、2着のオディールとエイムアットビップは差す形で順位を入れ替えた形となった。エイムアットビップは恐らく来春に繋がる前進あるレースであっただろうが、この2頭を基準とした2歳戦のここで3、4着に敗れたのだからクラシックはやや厳しい形となりそうだ。上位2頭を軸に動くだろうが、桜花賞の頃には遅れてくる新星の台頭が目立つ可能性が高そうだ。

期待したラルケットは痛恨の出遅れ、あれではどうにもならない。ラルケットもパドックでは落ち着きを欠いていた。シャランジュは1,2着馬と同じ位置にいてそのまま内~中を突いて伸びたが能力を出し切っての力差負けだろう。あるいは坂が応えたかもしれない。

| 07先週の予想結果 | 23:52 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tawagotokeibadou.blog115.fc2.com/tb.php/74-5c8e8e1c

TRACKBACK

12月6日(木)「The history is repeated!」歴史は繰り返される・・・

 「父内国産馬」という区分けが廃止されるというニュースを目にした時、なぜか無性に競馬についてのブログを書きたくなり、本日が筆降ろしとなった。来年から、もう競馬新聞に「父」という言葉がなくなる。実際は、「父内国産馬」の存在は消えることはないのだが、自身、...

| 馬師のブログ | 2007/12/07 03:02 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。