我が道競馬道!!

たわごとの競馬予想!! メインレースを中心に掲載いたします☆

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

雨のサドラーズウェルズ

中山記念がオペラハウスのワンツー、だいぶ時計がかかりスタミナを要する馬場状態が今週土日も続き活躍したのがサドラーズウェルズ系。3月6日土曜阪神6Rの3歳新馬(牝)戦(重馬場)では1,2着の母父がサドラーズウェルズでした(それぞれ2、8人気)。

その他のレースでも母父サドラーズウェルズの馬券圏内活躍がチラホラあり、道悪=欧州血統を改めて感じさせてくれました。

サドラーズウェルズ系種牡馬はオペラハウスを始め、ガリレオ、モンジューが代表。孫世代に入りシングスピールやムーンバラッドなどがいますが、このあたりの名前も今週の競馬では3着内に見られました。

道悪適性に強い血統ということで良く覚えておきたいです。

| 人生は競馬だ(たわごとの戯言) | 16:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

中山記念大反省

おおお、血統流し馬券はトニービンではなくオペラハウスの2頭だったとは・・・

惜しい、惜しすぎる!!泣

馬柱にじっくり目を通さなかったことが敗因。。

オペラハウスも重馬場に強いし、馬券圏内に来ていた馬がいたのは知っていたのに・・・

トーセンクラウンは確か馬場悪化の当舞台スピカSで楽勝した実績があり、またテイエムアンコールも良の時計勝負より渋った方で成績を残していた印象があったのでちゃんと押さえていたのですが。。

結果的には重馬場実績のあった馬で決まったという形とはいえ、上位馬は全部買ってましたから残念。

もう指数にこだわらず、この流し作戦を徹底しようかな・・・

-----------------------------------------
追記

よくよく見たら、ショウワモダンの前走の騎乗者は江田照・・・
トーセンとテイエムの2頭流しだけでなく、「乗り替わり流し」によるトーセンとショウワからの軸2頭流しもできたことになります。重馬場適性に目を向けて予想できればこの流しを追加することも可能だったのですね(泣)

| 人生は競馬だ(たわごとの戯言) | 16:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

たわごとの馬券スタンス

今回はこういう買い方をすると意外に当たったりする、という馬券作戦を公開致します。

基本的に私は独自予想指数を用いて予想するのですが、重賞以外では中々指数を算出する余裕がないのも事実です。

そんな時は以下の3点の買い方をします。

「血統流し」・・・同じ父(母父)を持つ馬を探してその2頭(3頭以上いるときは実績や調教等を考慮して2頭に絞ります)からの3連複流し

「前走流し」・・・前走で同じレースを使っていた馬を探してその2頭(3頭以上いるときは条件変わりや調教等を考慮して2頭に絞りますが、特に未勝利~古馬500万までのクラスでは着順は問いません。これらのクラスでは大敗後からの巻き返しが結構多くあります)からの3連複流し

「乗り替わり流し」・・・お手馬が2頭(3頭以上いる場合は条件等を考慮して乗り替わりの馬を吟味)いる騎手(引き続き騎乗する馬と乗り替わった騎手の馬)からの3連複流し

これをするだけでも結構馬券が取れます。

例えばですが、先日のクイーンC。

1着アプリコットフィズと3着テイラーバートンはそれぞれ1,2番人気でしたから、上位に来る確率も高かったのかもしれませんが、この2頭の前走は同じフェアリーS。そして父も同じジャングルポケットでした。

この2頭から人気薄に流すなどというだけでも良かったわけです。

これら3つの方式に以前掲載した「レースの勝ち馬を覚えておく」作業をプラスアルファすると、どのレースレベルが高かったのかもわかるので、参考になります。

是非ご参考ください。

| 人生は競馬だ(たわごとの戯言) | 21:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「スピードスケートメダル」馬券が絶対出る

スピードスケートの長島選手と加藤選手がそれぞれ銀と銅メダルを獲得。
これは日本国民として素直に嬉しいことですね。

上村愛子選手の4位はという成績は一番悔しいですが、一生懸命な姿は人々に勇気を与えてくれます。

ということで、今週はスピードワールド産駒と「シルバー」の馬なんかが絡むかもしれないですね。


----------------------------------------
サッカーの話について。

サッカー協会と岡田監督が話し合いをしてスタッフは継続することになったとのこと。

ある評論家は「協会は交代することにリスクがあるというが、このまま変えないことにより惨敗するリスクがあることには変わらない。」と言っています。

なるほど、そういう見方もありましたか。協会の意見に同調できると思いましたが、この評論家の意見も一理ありますね。

競馬においても騎手はとっさの判断によっていろいろなリスク回避を選択します。一つの視点に縛られないような気持ちでいたいですね。

| 人生は競馬だ(たわごとの戯言) | 21:21 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

全くひどい惨敗

何の話かって?

そりゃーサッカーの日本代表しかり飲み会しかり先週の予想の結果でしょう!



こりゃ反省します。

批判は甘んじて受けます

とはサッカー日本代表の岡田監督ですが。

監督を攻める必要はないと思うのですが、責任という任務を負うのがトップの宿命ならばそれも当然ということでしょうか。競馬でも一緒ですね。

とぅーりおにはワールドカップ本番で退場されたら困ります。血の気が勝る気性は熱戦になればなるほど怖い。大久保も。まずは点が欲しい。

俊輔も揺れ動いているし、チーム全体、サポーターの気持ちが正直あと3ヶ月ちょいで上向くとは思えない、ちょっとスランプに入ってしまった感じ。ワールドカップをクラシックとすると、やはりここの時期調子下降の馬が本番で勝負することは難しい。

監督の交替についての意見は会長に同意。

こうして考えるとスランプから抜け出すというのは難しいものです。ただし、そもそもスランプと言えるほど実力があることが前提ですが。

おっと、長々と。それではこの辺で。競馬も復習・反省しないと。

| 人生は競馬だ(たわごとの戯言) | 11:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。